講師紹介

代表 曽 朴(そ ぼく) 東京教室・大阪教室・神戸教室

中国四川省成都市に生まれ、12歳で二胡を習い始め、14歳から中国各地で開かれる演奏会に参加し、16歳で中国西南地方二胡コンクール少年部で優勝する。
1984年国立四川音楽学院(大学)民族音楽学部に入学し、二胡を専攻する。二胡界のオーソリティ肖前勇教授に師事し、在学中、中国全土にわたる演奏活動に参加する。テレビ出演から北京人民大会堂において、国家首脳陣のセレブションにて演奏した。また、大学の研究論文は「二胡運弓技術」を発表し、音楽専門誌「音楽探求」に掲載され高い評価を受ける。
1988年卒業後、中国国家二胡演奏家二級として、二胡の指導と音楽教育の教員を勤める。
1998年に来日し「SOBOKU二胡スクール」を創立する。NHKテレビに出演、カルチャーセンターの講師を務め、2004年「Basic of 二胡初歩の初歩入門」をドレミ楽譜出版社から出版する。同時に二胡専門店「二胡名師堂(登録商標)」を神戸にて創業。後、神戸と同じスタイルのスクール併設の店舗を東京、大阪にも出店する。教室で生徒に必要と思われる「二胡音程表示装置」を考案し、実用新案登録を取得。
2012年ドリーム・ミュージック・ファクトリ楽譜出版社より「曽朴の二胡教則本初級編」、2013年「曽朴の二胡教則本ステップアップ編」、2014年「曽朴の二胡教則本中級編」、2015年「曽朴の二胡教則本入門編」シリーズ教則本を出版。2017年3月「二胡音楽会」(カラオケと模範演奏)CDを制作。2017年7月「女子二胡悠々JAPAN」をプロデュースし、日本初のグループ演奏のアルバムCD「哀愁のタンゴ」曽朴作曲を制作。2017年8月弾きやすい夢の新二胡を開発し、実用新案登録を取得。
2017年10月ドレミ楽譜出版社から「五線譜で弾ける二胡基礎の基礎教則本」を出版。
現在、SOBOKU二胡スクールにおいて、初心者から講師養成、プロを目指す演奏家の育成に力を注いでいる。文字通り生徒の育成に心血を注ぎ、現在10名の日本人講師が各地で活躍している。

東京SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

大阪SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

神戸SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

講師 関口 洋子(せきぐち ようこ)東京教室

栃木県出身。学生時代から歌うことが好きで、就職後も聖歌隊に入り、職場では歌手でもあった藤山一郎先生に師事。
二胡と出会ってからは、 その優美な音色に心動かされ2009年SOBOKU二胡スクールに入学し、曽朴師に基礎から学び、2016年7月に同学の二胡講師師範資格を取得。2017年7月「女子二胡悠々JAPAN」グループメンバーとして、日本初のグループ演奏のアルバムCD「哀愁のタンゴ」の演奏に参加。
日々二胡と向き合い、美しい音色を求め続けている。レッスンでは楽しく丁寧な 指導を心がけており、皆が二胡を通して豊かな人生を送って欲しいと願っている。

東京SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

講師 森脇 眞理子(もりわき まりこ)大阪教室

宮城県仙台市出身。
4歳のころより兄と習っていたバイオリンの響きが好きで、いつかまた弦楽器を弾きたいと考えていたが、家族で中国旅行をしたときに上海のレストランで二胡の生演奏を聴き、その切なく美しい音色に魅せられる。
2003年SOBOKU二胡スクールに入門し、曽朴師に基礎から学び、2015年4月に同学の二胡講師師範資格を取得。2017年7月「女子二胡悠々JAPAN」グループメンバーとして、日本初のグループ演奏のアルバムCD「哀愁のタンゴ」の演奏に参加。
さらに勉強を重ね、生徒さんの思いを共有しながら奥深い二胡の世界を広げていきたいと考えている。

大阪SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

講師 高久久美子(たかく くみこ)大阪教室 神戸教室

大阪府出身。
中学・高校時代は、吹奏楽部でクラリネットを担当。 1992年より合唱を始め、地元の合唱団に所属、数々の演奏会に出演。音楽を身体で表現することの素晴らしさを実感する。毎年、年末には、ベートーベンの第九を歌うことをライフワークにしている。ある日、テレビから聴こえてくる美しい音色に魅了され、後にそれが、人の声に最も近いと言われている楽器"二胡"である事を知る。表現力が豊かで、哀愁をおびた音色の"二胡"という未知の楽器を自ら演奏してみたいと強く思うようになる。
2006年5月にSOBOKU二胡スクールに入門し、曽朴師に基礎から学び、2011年7月に同学の二胡講師師範資格を取得。2017年7月「女子二胡悠々JAPAN」グループメンバーとして、日本初のグループ演奏のアルバムCD「哀愁のタンゴ」の演奏に参加。
理想としている美しい音色に近づけるべく日々精進しながら、生徒の皆さんと、悩みや喜びを分かち合い、講師としての成長を目指す。

大阪SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

神戸SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

講師 関本 千里(せきもと せんり)大阪教室

大阪芸術大学 演奏学科ピアノ専攻 卒業。 在学中より声楽・筝曲・オルガン・大正琴・フルート・オカリナ等さまざまな音楽に接し、後、二胡と出会う。 2006年3月にSOBOKU二胡スクールに入門し、曽朴師に基礎から学び、2016年4月に同学の二胡講師師範資格を取得。
ジュウジヤカルチャースクール二胡講座講師。松原市公民館講座講師。 木下音楽教室主宰。

大阪SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

講師 藤田 留美(ふじた るみ)神戸教室

兵庫県出身。
哀愁のある音色に憧れて、2003年地元のカルチャーセンターで 二胡を習い始める。約3年習ったものの自分の二胡の音色に 納得がいかず、
2006年SOBOKU二胡スクールに入学し、曽朴師に基礎から学び直す。2008年二胡講師師範資格を取得。2017年7月「女子二胡悠々JAPAN」グループメンバーとして、日本初のグループ演奏のアルバムCD「哀愁のタンゴ」の演奏に参加。
さらなる深く美しい二胡の音色を求めて、日々精進中。 入門コースの指導にあたっては、生徒の皆さんと楽しくコミュニケーションをとりながら、曽朴先生から学んだことを わかりやすく伝える、ことをモットーにしている。

神戸SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

講師 山住典子(やまずみ のりこ)神戸教室

幼少よりピアノに親しみ、合唱コンクールなどでピアノ伴奏を務める。学生時代はブラスバンド部で、トランペット、クラリネットを担当。
偶然、曽朴師のコンサートを見つけ、 二胡の美しい音色に心を打たれ、そのまま曽朴師の門を叩き入門。 二胡に惚れ込み、曽朴師に学び、研鑽を重ねる。
2006年SOBOKU二胡スクール基礎講師師範資格を取得。 曽朴師の教室アシスタントを務める。
2011年 閔惠芬、王永徳、ジョージ・ガオら著名教育家、演奏家が講師を務める「上海音楽院二胡大師班夏冷営」で学ぶ。 アシスタント経験を生かし音楽教室やカルチャースクールで二胡講師を務める。 現在各地でのコンサート、デイサービスセンターやさまざまなイベントに出演。 二胡を多くの人に知ってもらう為、真摯に演奏活動を行っている。

神戸SOBOKU二胡スクールの詳しい情報

講師 永易京子(ながやす きょうこ)東京教室

東京都出身。
幼い頃からピアノが好きで、大学卒業時まで個人レッスンを受ける。高校では器楽部に所属。クラリネットで様々なジャンルの曲を演奏する。子育てが一段落してから音楽ボランティアに興味を持ち、歌やフルートが得意な友人達とミニコンサートを企画。介護施設で、ピアノ伴奏者としての経験を重ねる。 これから先の人生において一人でも気軽に楽しめる楽器を探し求めて、エレクトーンやフルートを体験、歌と同じように心に響く楽器「二胡」にたどり着く。 カルチャーセンターで数年学ぶも、なかなか思ったような演奏ができず、より確かな知識と技術を求めて2013年2月SOBOKU二胡スクールに入門。基礎が身に付いていないことを実感する。「入門編」から学び直して、2018年4月二胡講師師範資格を取得。 レッスンでは、基本的な練習を繰り返しながら、毎回、二胡を弾く楽しさが味わえる内容を心掛けている。生徒さんと共に自分もレベルアップして、より二胡らしい音色を奏でることが目標。

東京SOBOKU二胡スクールの詳しい情報