講師プロフィール

代表 曽朴(そ ぼく)

中国四川省成都市に生まれ、12歳で二胡を習い始め、14歳から中国各地で開かれる演奏会に参加し、16歳で中国西南地方二胡コンクール少年部で優勝する。
1984年国立四川音楽学院(大学)民族音楽学部に入学し、二胡を専攻する。二胡界のオーソリティ肖前勇教授に師事し、在学中、中国全土にわたる演奏活動に参加する。テレビ出演から北京人民大会堂において、国家首脳陣のセレブションにて演奏した。また、大学の研究論文は「二胡運弓技術」を発表し、音楽専門誌「音楽探求」に掲載され高い評価を受ける。
1988年卒業後、中国国家二胡演奏家二級として、二胡の指導と音楽教育の教員を勤める。
1998年に来日し「SOBOKU二胡スクール」を創立する。NHKテレビに出演、カルチャーセンターの講師を務め、2004年「Basic of 二胡初歩の初歩入門」をドレミ楽譜出版社から出版する。同時に二胡専門店「二胡名師堂(登録商標)」を神戸にて創業。後、神戸と同じスタイルのスクール併設の店舗を東京、大阪にも出店する。教室で生徒に必要と思われる「二胡音程表示装置」を考案し、実用新案登録を取得。
2012年ドリーム・ミュージック・ファクトリ楽譜出版社より「曽朴の二胡教則本初級編」、2013年「曽朴の二胡教則本ステップアップ編」、2014年「曽朴の二胡教則本中級編」、2015年「曽朴の二胡教則本入門編」シリーズ教則本を出版。2017年3月「二胡音楽会」(カラオケと模範演奏)CDを制作。2017年7月「女子二胡悠々JAPAN」をプロデュースし、日本初のグループ演奏のアルバムCD「哀愁のタンゴ」曽朴作曲を制作。2017年8月弾きやすい夢の新二胡を開発し、実用新案登録を取得。
2017年10月ドレミ楽譜出版社から「五線譜で弾ける二胡基礎の基礎教則本」を出版。
現在、SOBOKU二胡スクールにおいて、初心者から講師養成、プロを目指す演奏家の育成に力を注いでいる。文字通り生徒の育成に心血を注ぎ、現在10名の日本人講師が各地で活躍している。

講師 古森 国弘(ふるもり くにひろ)

大阪府出身。2004年から二胡を独学で始める。2006年に基礎から二胡を学ぶために曽朴二胡スクールに入門する。2009年から二胡名師堂東京店に勤務する。
2014年4月に同学二胡講師師範資格を取得する。

講師 関口洋子(せきぐち ようこ)

栃木県出身。学生時代から歌うことが好きで、就職後も聖歌隊に入り、職場では歌手でもあった藤山一郎先生に師事。
二胡と出会ってからは、 その優美な音色に心動かされ2009年SOBOKU二胡スクールに入学し、曽朴師に基礎から学び、2016年7月に同学の二胡講師師範資格を取得。2017年7月「女子二胡悠々JAPAN」グループメンバーとして、日本初のグループ演奏のアルバムCD「哀愁のタンゴ」の演奏に参加。
日々二胡と向き合い、美しい音色を求め続けている。レッスンでは楽しく丁寧な 指導を心がけており、皆が二胡を通して豊かな人生を送って欲しいと願っている。